初めてのエクセルでの名刺作成で選べる作り方

名刺作成を初めて行うときには作り方で迷う人もいるでしょう。自分でデザインする方法だけでも様々なやり方を駆使して名刺を手に入れることが可能です。それぞれに特徴があるのでどれが最も自分に合っているかを考えて選びましょう。

自分で一から作成するのが最も自由

エクセルでの名刺作成を一から全て自分で行うのは最も自由度が高い方法です。名刺には名前や肩書の個人の情報、住所や電話番号などの連絡先、会社名やロゴマークなどを記載する必要があります。そのレイアウトもデザインも決まった形があるわけではありません。限られたスペースの中にいかに美しく並べるかを考えて自分で全てオリジナルのデザインにするとインパクトのある名刺ができあがる可能性があります。社会に出て名刺交換を行うと、名刺がそのときの会話の話題になる場合もあるので注意が必要です。一見して平凡な名刺を渡してしまうと特に気に留めてもらえませんが、少しこだわったデザインをしてあるだけで印象が大きく変わり、すぐに覚えてもらえる可能性も十分にあるのです。

テンプレートを使用してエクセルでの名刺作成

一から全てを作るのには手間がかかるのは確かなので、名刺作成をテンプレートから行うのも賢い考え方です。名刺作成ソフトなどに付属しているものやオンラインで手に入れられる無料のもの、印刷会社が自社への発注に限って使用を許可しているものなど様々なものが手に入ります。著作権の関係でそのまま使用しなければならない場合もありますが、そのテンプレートに手を加えるのも自由になっていることがほとんどです。テンプレートをベースにして自由に手を加えてオリジナリティーを出すと、一から始めるよりは簡単に自分だけの名刺作成ができるでしょう。デザインを行う手間を減らして作成する方法として優れているのがテンプレートの活用です。

デザイナーに相談して作成も可能

自分で手を動かしてデザインをするのは苦手だという人もいるでしょう。それでもやはり自分で名刺作成を行いたいという気持ちが強いなら、デザイナーに相談してしまうこともできます。デザイナーといっても色々な人がいて、名刺作成を専門の一つとしている人も最近では多くなってきました。美しい名刺を手に入れたいけれど自分ではデザインするのが苦手だったり時間がなかったりする人の需要に応えようという発想が名刺デザイナーを生み出しています。基本的には相談をするだけでデザインを提案してもらうことができるので自分では手を動かす必要がありません。コンセプトを伝えるだけでいくつかの案を提示してくれることもあるので簡便に理想のデザインの名刺が手に入るでしょう。