エクセルでの名刺作成の方法

名刺作成の際には氏名と企業名・所属を記載するだけではなく、どのような人物であるかが一目でわかるデザインにすることが重要です。格安で名刺作成できるサービスも登場し、テンプレートを使うだけで個性を表現できます。

社会人が意識したいエクセルでの名刺作成の心得

現在はパソコンとスマートフォンを使って住所録の管理を行えますが、相手に自分のことを覚えてもらうために重要な手段は、紙の名刺作成です。画面上に表示される文字情報よりも紙のほうが記憶に残りやすいですし、国内ではいまだに初対面の際の交換がビジネスマナーですから、名刺作成は社会人にとって必須であると言えます。
昔は顔写真に氏名と企業名、そして部や課といった所属だけを記したシンプルなものが主流でしたが、インターネットが普及してからはメールアドレスやウェブサイトの情報も記載するのが普通です。そして、個人は会社の一部であるという考え方から、諸外国と同じように個人のアイデンティティを重視する時代に変わりつつありますから、名刺作成でも個性を表現することが大切です。

名刺作成によって個性を表現する

氏名と会社名を載せるだけではなく、個性を表現するための名刺作成の方法としては、職歴や趣味を記載することが挙げられます。たとえば家電メーカーなら、開発に携わった商品名を記載しても良いでしょう。趣味ならばただ「ゴルフ」と書くのではなく、「なぜかドライバーよりアイアンのほうが飛距離が上です」など、一度見たら忘れられなくなるように文言を工夫してください。真面目さを失うのは困りますが、ある程度のユーモアは必要です。
長方形の紙ではなく、プラスチックや木片のような特別な素材で名刺作成することも個性的な方法です。規格サイズのケースに入らなくなってしまうという注意点もありますが、間違いなく印象に残りますから、クリエイティブな業種であればこのような名刺作成を検討しても良いでしょう。

ネットで使える格安の名刺作成サービス

勤務先を通じて発注すれば割引を受けられる名刺作成サービスもありますが、社内にそのような規定がない場合は、インターネットで格安の名刺作成サービスを利用してみましょう。
このサービスは、サイト上のフォームに必要な文字情報を入力して注文することで名刺作成でき、自宅や職場などに宅配してもらえるサービスです。専用のソフトをインストールしなくても、ログインするだけで簡単に名刺作成を行えます。
文字だけではなく、用意されたテンプレートや自分で作った画像を使って、イラストが入った名刺作成をすることもできます。追加料金はかからないことが多いですし、業種に合ったイラストを配置することで、取引先の方に名前を覚えてもらえる可能性が高まります。